無在庫販売はどうなのか?

 

 

 

Amazon輸入の実践者が減った関係もあり、

売れる商品をFBA在庫に突っ込めば凄い量が出荷されていきます。

 

日々のリサーチって大事だなと思います。

そこで今日は無在庫のメリットを生かしつつ

有在庫に切り替える方法をお伝えしていきたいと思います。

 

 

無在庫販売って何?

 

無在庫というのは手元に在庫を持たずに、

売れたら仕入れ先から仕入れてエンドユーザーにお届けするという

手持ち資金が無い人にとっては素晴らしい方法です。

 

通常、仕入れ→売れる→お金を貰う→届ける です。

無在庫だと、売れる→お金を貰う→仕入れる→届ける です。

卸会社がよくやっている方法です。

 

 

無在庫販売のメリット

 

・手元にお金がなくても販売ができる

・先に入金があるので、エンドユーザーから支払われたお金を仕入れ資金にできる

・在庫リスクがほとんどない

 

 

無在庫販売のデメリット

 

・管理ができず仕入れ先の価格が上昇し赤字になる

・いつの間にか仕入れ先が無くなっている

・個数が少ないので送料が高くなる

 

 

デメリットを乗り越えるには?

 

・いつの間にか仕入れ先が無くなっている/仕入れ値が上がっている

→仕入れ先を定期的にチェックする体制を作りましょう。

これもなかなか難しいですが、仕入れ資金なしというメリットを考えれば。。。

 

・個数が少ないので送料が高くなる

→有在庫の転送をコンスタントな配送にして

混在させて輸送したり、最近は1個からでも安く送ってもらえるサービスも出てきています。

 

 

 

無在庫を有在庫に切り替える

 

無在庫販売の良いところは、売れるか売れないか分らない商品を

いきなり有在庫にして在庫リスクを取る必要が無く

無在庫で売れ始めたら徐々に有在庫に切り替えられることです。

 

実際に私の商材で有在庫に変えただけで売れ行きが2倍になった経験があります。

これは実際に売れている人だから分かる実数値になります。

 

 

無在庫販売で気を付けること一覧

 

・仕入れ先を定期的にチェックして置くこと

・赤字でも良いので、最低限商品を届けられるようにする

(特にAmazonは出品者のアカウント健全性に悪影響を及ぼします)

・出品数を増やす

(私の場合、500点出品でポロポロ売れ始めました)

・偽物・再生品・OEM品には注意

(仕入れ先によっては再生品やOEM品を送ってきたことがあります)

・無在庫出品専用のアカウントを持てるとよい

(アカウント停止になるリスクヘッジらしい)

・無在庫だからといって商品ページの手を抜かない

 

 

PS

この方法で売上は100万円以上出ていたので

やり込めば隙間が見つかって利益が出ると思いますので

時間がある方はぜひやってみてください!

私の場合、最近は卸売で無在庫やってます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です