個人輸入で使うMYUSを解説(2015年最新版)

 

2015年10月現在でMYUSを使ってみたので、

詳しく解説してみる。

 

【MYUSイレギュラーの対処法はこちら}

【2017年版はこちら】

 

円安で送料は上がっている

 

通常料金(DHL便)

1~2年前は70kgで1kgあたり595円で転送が可能でした。

現在は、何と!1kgあたり921円です。

 

ここからクレジットカードごとに割引があります。

(申請が必要です)

 

VISAカード割 20%

AMEXカード割 30%

 

AMEX割りで1kgあたり645円になります。

(1~2年前は1kgあたり417円でした)

 

送料の計測方法も変わり、

実重量での計測でスピーディになっていますね!

 

 

 

 

オプションについて

 

 

まずは、保険です。

私の場合は保険を掛けていません。

 

もし掛ける場合の算出方法

最初の100ドルは無料で、101ドルより100ドル増加毎に2ドルの保険料がかかります。

2,000ドル分でしたら、38ドル掛かります。

 

しかし、過去DHL便で保険を掛けて輸入して

商品が変形した状態で届いたので保険適用を申請しましたが、

DHLはMYUSに、MYUSはDHLに聞いてくれと言われ

結局保険は何のために。。。という経験をしました。

 

そこから次のオプションをつけることで

商品の変形は少なくなりました。

 

 

 

「Fragile stickers」

 

取扱注意のシールです。

それでも箱が潰れて来ることが多いですが、

大ダメージは少ないです。

1出荷あたり2ドルです。

 

 

 

「Add extra packing (Bubble wrap, padded paper)」

 

こちらは、梱包材(プチプチや紙)を多めに入れていただけます。

少しでも衝撃から助けたいですね。

1出荷あたり5ドルです。

 

 

 

「Urgent handling (Ship Today)」

 

今日中に発送してください!です。

料金は、曜日によって変動します。

5ドル~20ドルです。

特に月曜日・金曜日は価格が上がります。

 

 

 

 

インボイスに記載する価格をよく見てみた。

 

 

MYUSはフロリダ税が掛かります。

7%掛かりますので、

コストを落とすために他の州にある

転送会社さんに変更された方もいらっしゃると思います。

 

MYUSが輸出のために記録しているインボイスを見たところ

商品価格だけを記録して、フロリダ税は除外する記録をしていました。

 

例えば送料無料で30ドルの商品をアメリカで買ったとします。

商品代金30ドル+フロリダ税2.1ドル=32.1ドルです。

MYUSが記録する際は、30ドルだけ記録していると言うことです。

 

たまに価格を求められる場合があり、

自分で入力することがあります。

私はずっと32.1ドルのように記録しておりました。

チリツモです(泣)

 

これは偶々なのか分りませんが、

2重課税にならないようになっているのかもしれませんね。

 

 

 

 

グレーな商品も送れたりする

 

日系の転送会社はNGで、

MYUSでは送れちゃう商品もあります。

 

そういう商品を扱っている場合はMYUSもありかと思います。

ただし、ボコボコ具合には目をつぶりましょう(笑)

 

 

 

 

以前と比べて

 

輸入ビジネス全盛期の頃は、

即日出荷をしても遅れることが結構ありました。

現在では、件数も落ちたのかほとんど即日出荷していただけます。

 

他社と使い分けをおススメします。

 

 

 

Youtube動画:MYUS登録方法

 

Facebookページはこちら

 

 

 

 

【MYUSのイレギュラーの対処法はこちら}

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です