欧米輸入は本当に稼げるのか?独立 起業ができるのが欧米輸入。

 

 

あなたが起業、独立するには欧米輸入ビジネスをおススメします。

 

ということで、欧米輸入は実際どうなのか分析しました。

初心者からでも月利10万円を目指せるかどうかがポイントですね。

 

 

 

2014年は輸入ブームだった

 

私が欧米輸入を始めた時は

1ドル=90円で、非常に利益が出しやすかったか?

といえば競合が多く、価格競争ばかりで薄利でした。

数をたくさん売るイメージです。

 

 

 

2015年は激変!?

 

今は1ドル=120~123円でも

価格競争も以前ほどではなく

販売価格が相場に戻ってくる期間も短くなっています。

 

単純に小売店から輸入するだけで

ある程度稼げてしまいます。

 

□継続してきたプレイヤーが効率を求めていく

 

単純転売で進んでいくと利益率を上げる方向にシフトしたり

効率的に稼ぐことにシフトする

利益率が低いと言って中国輸入や輸出に転身した方もいらっしゃいます。

(上手くいっている人もいますが、中途半端な人もいます)

 

□効率を求めて単純転売から撤退

 

ebay交渉や卸取引をする人が増えたおかげで

単純転売する人も減っている。

円安の影響で新規参入者が少ない。

 

□1個の仕入れ値が上がり、利益額が上がった

 

円安になったことで仕入れ値と販売価格が上がりました。

利益率は一緒だけど、利益額は増えています。

また、資金力が無いと

2014年は100個仕入れられていたけど、

2015年は80個しか仕入れができなかった

こういう状態になっています。

 

□仕入れ個数が減っているということは?

 

セラー自体も減っていることに加え、

1商品に対する1セラーの在庫数も減っているのです。

だから1年前より価格競争が減り

尚且つ相場で売ることができるので適正な利益が出せるのですね。

 

 

残存利益がある欧米輸入ビジネス

 

なぜ、わざわざ海を超えて輸入しなければならないのかと

批判する方もいらっしゃいます。

 

 

そもそも、欧米輸入は転売がゴールではないのです。

在庫の縦積みと継続仕入れができること

単品販売戦略が取れること

好きな商品を売ることができる(これはもう趣味みたいになってきています)

 

 

私も最初はお金を稼いでいくためだけに始めた欧米輸入でしたが、

考え方が大きく変わり

受注したことにやりがいがあって、

メーカーやクライアントと考えが合わなければ仕事を受けないことにしています。

 

クライアントやメーカーは、お客様のことを第1に考え

私はクライアントやメーカーの売上を上げる事を第1に考え

それでメーカーやクライアントのお客様が喜ぶ

 

 

私はだから

海外のメーカーの素晴らしい商品を扱うことができ

3方良しができる欧米輸入を続けていこうと思っています。

 

 

 

Facebookページはこちら

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です