欧米輸入の利益計算と投下資本率

 

今回は、極めて重要な利益計算です。

基礎中の基礎ですので、

何度も確認して完璧にできるようにしてください。

 

利益計算編

 

ここでは、分かりやすくするためにAmazonを例に行います。

 

利益=販売価格-Amazon手数料-仕入れ代金-国際送料-関税消費税-FBAに送る経費

 

Amazon手数料は、

FBAシュミレーターに販売価格を入れて計算を押せば計算されます。

 

仕入れ代金

50USDの場合、50USD×118円=5,900円になります。

 

国際送料は、

FBAシュミレーターかAmazon商品詳細の部分にg単位で書いてあります。

(ページ作成者が適当に入力している場合もあるので注意)

国際送料の単価×重さで送料を出す。

 

関税・消費税は、

【仕入れ代金+国際送料】×0.8%

 

 

具体的な商品で例にしてみます。

 

 

 

 

 

Amazon.comで同一の商品を購入したと仮定します。

81.97USD×118円=9,672円

重量が900gなので500円/kgで計算して国際送料500円×0.9=450円

合計10,122円

この金額が輸入消費税の課税対象額になります。

10,122円×1.08円=10,932円

こちらにAmazonへの宅急便の国内送料約300円を加算して

11,232円

 

販売価格 14,800円

販売手数料1,898円

仕入れコスト11,232円

利益額 1,670円

利益率11.28%

 

投下資本率の考え方

 

投下資本率とは、利益額 ÷ 仕入れに使った資金です。

先ほどの例の場合は 1,670円÷11,232円=14.87%

投下資本率は14.87%になります。

 

私の基準としては投下資本率30%以上の商品

現在は10%台だけと将来投下資本率50%以上出る商品になります。

 

 

分かりにくい部分がありましたらLINE@で質問してください。

メルマガはこちら

facebookページはこちら

youtubeチャンネル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です