輸入ビジネス失敗しない利益計算チェック項目

 

利益計算は輸入ビジネスでは最重要項目です。

ここでは、利益計算ミスをしないためにチェック項目を一覧にしてみました。

 

1、商品の仕入れ金額を計算

 

利益計算をする時に必ず為替がいくらなのかを確認しましょう。

今のレートの+2円くらいで計算すると良いです。

為替はヤフーファイナンスで確認しましょう。

 

2、決済手数料

Paypalの場合は、約4%の決済手数料がかかります。

また、Paypalが算出するレートは高めなので

必ずクレジットカード会社でレート交換する設定にしましょう。

 

銀行振込の場合は、約3,000~5,000円ほどです。

こちらは保証が無いため1回目の取引ではできるだけ使用せずPaypalを使うようにして

2回目以降から使うようにしてください。

私も必ずこの手順で支払いをするようにしています。

 

3、輸送料

例えばアメリカの場合

・アメリカのメーカーからアメリカ国内の倉庫

・アメリカ国内倉庫から日本倉庫

・メーカーから日本倉庫

・日本倉庫からAmazonFBA倉庫

国際送料に関しては、実重量または容積重量なのか転送業者によって異なりますので

しっかり計算しましょう。

 

4、関税消費税の計算

輸入消費税と関税がかかります。

関税はそれぞれの商品に関税率がありますので、

輸入する商品がどの関税率に当たるのかこちらでチェックしましょう。

 

5、在庫保管料

一度にAmazonに納品するのではなく、

日本倉庫で在庫保管しておく場合がほとんどですが

その場合は月額5,000円程度を計算で盛り込んでおくと良いです。

【FBA業者をご希望の方はこちら】

 

6、各販路の販売手数料

Amazonで販売した時に都度取られる販売手数料があります。

毎回「FBAシュミレータ」で計算しましょう。

楽天は大まかに12%、

ヤフオクは現在約5%ですが2017円3月15日以降に8.64%に改定されます。

BUYMAは8%,メルカリは10%と覚えておきましょう。

 

仕入れをする前にこれらの項目を確認して

数値間違えがないように計算していきましょう。

分かりにくい部分がありましたらLINE@で質問してください。

メルマガはこちら

facebookページはこちら

youtubeチャンネル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です