ドイツ展示会アンビエンテに来ています

 

2月9日からドイツのフランクフルトに滞在しています。

目的は世界最大の展示会、アンビエンテで商品の発掘をするためです。

 

展示スペースは東京ドーム5個分の広さで約5,000社が出展しています。

ホールは合計で26ホールです。

1日かけて交渉しながら回ったら4ホールが限界です。

 

香港のMegaShowも行ったことがありますので、違いについてまとめたいと思います。

香港の展示会の出展社数はおおよそこちらも5,000社ですが

どちらかというと工場が直で出展しているイメージです。

付加価値があまりついていない企業が目立ちます。

 

アンビエンテは、もちろん中国企業も多数出展していましたが

デザインで付加価値をつけて販売している欧州企業が多かったです。

ここに関しては中国企業はまだ20年程は真似できないのではないかと思います。

デザインをクリアしてしまったら中国企業は最強になるかもしれません(笑)

 

私が得意とするエレクトロニクス系の出展は少なかったですが、

輸入の全般をようやく体感できたかなと思います。

 

 

PS

今年の4月にはMegaShowに行きますので、

同行したい方がいらっしゃいましたらお声掛けください。

だいたい航空券とホテルで10万円前後でいけますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です