最近流行りのクラウドファンディングってどうなの?【輸入業編】

 

こんにちは、カワサキです。

今日は、最近流行ってきているクラウドファンディングについて

貿易目線で書かせていただきたいと思います。

 

クラウドファンディングって何?

 

クラウドファンディングとは…

開発や商品化をしたいけど、資金がなくて実現できない!

そこで「この商品に支援してもらえませんか?」その代わりできた商品をお渡しします。

という資金調達の場として使われています。

 

 

クラウドファンディングはどこでやってますか?

 

  • Makuake(マクアケ)プロダクト系で強い

https://www.makuake.com/

  • グリーンファンディング(TSUTAYA系)

https://greenfunding.jp/

・CAMPFIRE

https://camp-fire.jp/

 

などなど。。。

 

 

クラウドファンディングをどうやって活用するの?

 

クラウドファンディングは資金調達の場であることは書かせていただきましたが、

前提として私達輸入業者は基本的に「仕入れをして販売をする」と思います。

しかし、クラウドファンディングをすればお金をお預かりして(しなくても)

先に購入個数が決まってそれを元にメーカーに発注するので

最高で「仕入れ資金なしで仕入れができる」

最低でも「売れ残りのリスクが低い仕入れができる」

という素晴らしい相性の良さです。

 

できればメーカーが海外のクラウドファンディングと同時期にスタートしたいものですが、

製品化できなかった時のリスクやクレームは半端ではありません。

特に日本のクラウドファインディングはできて当たり前になっています。

そういうリスクを鑑みたら日本初上陸品が良いのかもしれないですね!

 

 

どのような商品が出展できるのか?

 

クラウドファンディングのコンセプトはあくまで今までにない面白い商品

お客様に欲しいと思っていただける商品であることで大前提です。

コンセプトとして外れてしまいますと本末転倒です。

日本未発売商品であることが必須条件になります。

 

 

海外メーカーのためにクラウドファンディングを使う

 

海外メーカーさんで良い商品だけど、ロットが大きすぎて厳しい。。。場合があります。

良い商品なのは確かだけど、需要が全くわからない商品もあります。

そのような商品をクラウドファンディングで出してみても良いかもしれないですね。

そのような商品は海外の展示会に結構出ていますので、是非行ってみると良いと思います。

香港であれば旅費や食費など諸々合わせて20万円程度です。ドイツアメリカは40~50万円程度です。

次の香港展示会

ドイツの展示会一覧はこちら

 

 

クラウドファンディングが成功した後の注意点

 

https://www.makuake.com/project/air-by-crazybaby/

こちらの商品のように見事成功した場合ですが、

工場の生産能力より遥かに上回るサポーターがついたり

工業製品だった場合のリスクは予め考慮して商材選定をされることをオススメします。

実際にこちらのプロジェクトは納期が遅延してキャンセルやクレームが発生しています。

納期が遅れた場合は、こまめにお客様にご連絡しましょう。

 

 

総括

 

クラウドファンディングバブルになっていますが、

これも一時の事です。本質を見極めて活用しましょう。

マクアケ商品は単発ですので、継続収入になる商材も必ず同時進行でやりましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です