Amazon輸入代行業者を使う理由とオススメの業者

輸入プレイヤー
「Amazon輸入代行業者ってどこを使えば良いんですか?色々あるけど、おすすめの業者さんってどこなんでしょう?」

っていう質問が結構きます。

・Amazon輸入代行業者はどこがいいのか?

・Amazon輸入代行業者をなぜ使う必要があるのか?

・Amazon輸入代行業者を利用しない配送方法は?

というお悩みの方を解決する記事となっています。

Amazon輸入代行業者とは?

 

代行業者の最大の特徴

・海外で購入した商品を日本に直接送ってもらえない

・日本に直送すると高額な送料になってしまう

 

という場合に、購入先の国の拠点で商品を集積し、まとめて日本に商品を送ってくれる業者のことを言います。別名「転送会社」と言ったりもします。

例えばアメリカの場合、ネットショップで購入したものをアメリカのオレゴン州などの業者指定倉庫に発送しその倉庫で荷物をひとまとめにしてもらい、日本へ商品を発送していただきます。

Amazon輸入代行業者を使う4つの理由

4つの理由

・日本直送ができない商品が輸入できる

・まとめて日本へ発送すると1KGあたりの送料単価が下がる

・輸入手続きが簡素化できる

・不良発生時も代行業者で対応してくれる

日本直送ができない商品が輸入できる

日本への直送をしていなかった仕入先の場合、Amazon輸入代行業者を入れなければ発送できません。

また、仕入先が日本への直送はしているけれど、高額な送料の見積もりになり発送すると採算が取れなかった仕入れ候補の商品が仕入れ可能になります。

まとめて日本へ発送すると1KGあたりの送料単価が下がる

代行業者に商品が大量に集まった状態で日本への出荷指示をすることで、1KGあたりの送料単価が低くなり仕入れ基準の幅が増えます。

輸入手続きが簡素化できる

代行業者のシステム上で購入単価を入力することで、通関用のインボイス作成も代行していただけます。

不良発生時も代行業者で対応してくれる

日本に到着して不良品が発覚した場合返品送料が高く採算が取れないので廃棄をするか安売りして在庫処分をする必要が出てきます。

海外のAmazon輸入代行業者の拠点で確認できれば、国内の安い送料で返品が可能になります。また、代行業様の方で返品発送の代行まで引き受けていただけます。

Amazon輸入代行業者はどこがオススメ?

MYUSの特徴

・実重量で送料計算されるので容積が大きい商品が安く送ることができる

・拠点がフロリダなので、州税がかからない

・システムで仕入単価を入力できインボイス作成をしてくれる

・オプションで梱包材などを追加できる

Amazon輸入代行の業者はどこがオススメでしょうか?私が一押しするのはMYUSです。

MYUSはアメリカの個人輸入では最大手の転送会社で

アメリカからの仕入れてAmazon輸入をされている方ならほとんど知っている有名なAmazon輸入代行業者です。

Amazon輸入代行業者を利用しない配送方法

利用しないパターン

・アメリカAmazonの「Amazon.comは販売と発送」で1商品を大量購入した場合の送料見積もりが、MYUSなどを使うより安い。

・アメリカAmazonの「FBA商品や自己出品セラー」で1商品を大量購入した場合の送料見積もりでが、MYUSなどを使うより安い。

・卸取引の場合、取引先がDHLやFEDEXなどの送料が安い特別アカウントを持っていて送料を先払いすることによってそのアカウントで送ってもらうことができる場合。

この選択肢を見つけると、輸入代行業者を使ってしか仕入れができないセラーさんが取り扱わない商品になるので価格競争に陥らない商品を見つけることができます。

リサーチをしていて、この価格で利益が取れているのかな?と疑問に思う商品があると思いますが、何かの理由があってコストを削減しているので

この送料の部分ではないか?とスクリーニングしてみるといいですよ。

まとめ

・Amazon輸入代行業者を使うのは、リサーチの幅が増えたり送料が節約できる

・Amazon輸入代行業者はMYUSがおすすめ

・Amazon輸入代行業者を使わない方法が差別化できる要素になる

Amazon輸入代行業者を探している・悩んでいる方には少しヒントになったのではないでしょうか?

Amazon輸入代行業者のメリットを享受しながら、他の輸送方法も視野に入れつつリサーチするともっと仕入れの幅が広がりますよ!




最新作!
EC輸入物販マニュアル

クラウドファンディングを活用したEC輸入物販のノウハウを溜め込んだE-BOOKを無料プレゼント中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カワサキ

資金50万円からスタートして現在貿易商社、飲食店を運営中。得意なこと:Amazon輸入、クラファン、EC物販代行、マニュアル作成。最近の挑戦:ブログ記事、Youtube、アフィリエイト。 2019年8月から情報発信を本格始動。