初心者でもできるブログ記事の外注化とは⁉

ブログ記事を外注することはハードルが高いように感じませんか?
自分も最初は記事の外注化がハードルが高そうでなかなか踏み出せませんでした。
でも、実際はやり方さえ分かってしまえば、後は数をこなすだけです。

今回は初心者でもできるブログ記事の外注の仕方についてまとめてみました。

ブログ記事外注のメリット

ブログ記事を量産できる

そもそもブログ記事を外注できることの最大のメリットは記事を量産できることです。
いくら記事を書くことが早くても、1人で1日に書ける記事数は上限があります。
ましてや質の高い記事を書いたり、別に本業があれば記事を仕上げるのには時間がかかってしまいますよね。
そこで、記事を外注化すれば今までよりも記事数を増やすことできます。
もちろん外注化して自分も記事を書けば簡単に今までの2倍の記事数を更新していくことも可能です。

外注化することで、今まで記事の作成に時間をかけていた時間を他のことに回すことができます。

また、ブログを始めたばかりでブログやサイトも1つ2つなら良いですが、
複数のブログやサイトの運営をするとなると1人でやるのは非効率ですよね。
稼いでいるブロガーやアフィリエイター程、必ず外注をしています。
もしあなたも記事の更新が間に合わない、更新出来ていないブログやサイトがあるという状況になってきているのであれば外注化は必須です!

自分が詳しくないジャンルの記事を書いてもらえる

世の中には自分よりも詳しい知識や経験を持った方がたくさんいます。
「自分は経験したこともないし、知識もないけど、ブログのテーマとしては稼げる可能性があるジャンルがある」と思った時に
外注することで自分で記事を書くよりも質の高い記事を書いてもらうことができます。

自分の興味のある得意分野やよく知っているジャンルはスムーズに記事を書けますが、
全く知らない分野を自分で調べて1記事仕上げるのは凄い労力と気力を使ってしまいます。
やっぱり苦手な分野や知らないことを調べて書くのは時間がかかる上に、どうしても記事として薄くなってしまいますよね。
そうなると、自分で書くよりも自分よりも書ける人に書いて貰った方が効率が良いと思いませんか?
自分が知らない実体験を書いてもらうことで、ブログに信頼性を獲得できることもメリットです。

ブログ記事外注のデメリット

優秀なライターを探すのに時間がかかる

ランサーズ等で募集をかければライターはたくさん出てくると思います。
でも、その中から優秀なライターさんを探すのが非常に難しいです。
ライターの質は本当に様々なので、「記事を外注して記事を量産してもらい、自分の時間を作る」ことが目的なのに、
優秀なライターを探すのに時間を費やして逆に時間が取られてしまう可能性もあります。

記事の質が悪いことがある

外注すると自分が求めているレベルよりも低い記事が納品されてくることがあります。

ここをこう直して、ここを付け加えてってほとんど自分がリライトしてる……
みたいなことも。

「とりあえず外注をして記事を書いてもらえばいいや」となるとこちらも消耗してしまいます。
どんな人にどんな内容を描いてもらうか、どの位のレベルの要求するのかをあらかじめ具体的に考えて、書いてもらう人をしっかり選ぶ必要があります。

外注費がかかる

当たり前ですが、外注すれば外注費がかかります。
しかし、外注したからといってすぐに結果が出るとは限りません。
記事を外注化してもSEO的な問題として、検索上位に表示されずに結果がすぐに出ない可能性があります。
つまり、結果が出なければ、外注費を回収することができません。
外注した分が回収できるのか、いつ回収できるかが分からないのがデメリットです。

ブログ記事の外注費用の相場とは?

ブログ記事の外注費用の相場は、Googleが以前よりも記事の質を重視するようになったことで、求めるレベルが高くなっているからなのか、最近だと1円以上と言われています。
私もいつもお願いする方には1円以上お支払いしています。

ですが、人によって外注に使用できる資金も異なりますし最初から外注費を高くすると外注することに対してハードルが高くなってしまうので、
まずは1文字0.5円位からスタートすることがオススメです。
もちろんもっと低予算で質の良い記事を書いてくれる方もいるので、こういう方を見つけることが出来ればラッキーです!

ブログ記事の外注方法

ブログ記事を外注するライターの見つけ方

  • ライターの見つけ方はいくつかあります。
  • ランサーズ等のクラウドソーシング
  • 知人の紹介
  • SNSやブログで募集

ランサーズやクラウドワークス等のクラウドソーシングを使って募集する

多くの人が外注先を見つける場所として、ランサーズクラウドワークスが多いと思います。
条件次第では多くのライターを集めることができ、ライターを募集しやすいのがメリット。
ただし、レベルは玉石混交……なので注意が必要です。

SNSやブログで募集する

最近ツイッターやブログで記事の外注依頼や寄稿依頼をされている方を見かけるようになりました。
ツイッターやブログで募集をかけるメリットとしては、応募者の文章レベルを把握するためにブログやサイトをポートフォリオとして提示してもらってから決めることが出来るところです!

「この位の文章が書けるのなら依頼しても良いかな」と確認してから依頼が出来るので、自分の記事のレベルに合わせて依頼ができ、安心して依頼することができますよね。

ブログサロンで募集する

もしブログサロンに入っていて、寄稿依頼をすることが可能であれば、利用するのもおすすめです。
ブログサロンに入っている方はモチベーションが高く、普段から記事を書いている方が多いはずなので、初心者等でなければ良い記事を書いてくれる人を見つけやすいです。
また、普段から交流がある人に頼むことがあれば知っている人に頼むという点で外注のハードルは下がります!

知人からの紹介

知人が実際にライターとして依頼している人を紹介してもらえば、ある程度能力は担保されている可能性が高いです。
ただし、自分のブログやサイトとの相性、書いてもらう記事によって得意・不得意はあると思うので、知人の紹介だから絶対大丈夫とは思わずに事前にブログやサイト等のポートフォリオを提示してもらい、他のライター探しと同じようにチェックしてください。

外注費用の決め方

ライターの外注費をいくらにするか迷いますよね。
これは試行錯誤で自分の資金次第なのですが、まずは1記事文字数×0.5円位から始める方が多い印象です。

もちろん優秀な方で、継続的に記事の外注をお願いしたいのであれば、自分の場合は文字数×1円+記事の質に応じてインセンティブ報酬にしています。
例えば3000字でお願いした場合に、情報が網羅されていたり、写真や図等記事にクオリティーがあった場合には

3000円(文字数×1円)+1000(インセンティブ報酬)

というようにしています。

また、ライターの方のプラスになるようなフィードバック等のアドバイスがあればこちらからもするようにしています。

ライターさんが自分の仕事を引き受けてくれた時に、少しでもモチベーションが高く保ってくれて、継続的に仕事をお願いできるような関係を築けるように意識をしています。

外注する時にライターへの依頼方法

ライターの方にお願いする時は以下のことを伝えています。

外注時に伝えること
  • 書いて欲しいキーワード+テーマ
  • 文字数
  • 簡単な構成

記事の中に取り入れてほしいこと、詳しく書いて欲しいこと、表でまとめて分かりやすくしてほしいこと等は事前にお願いする時に伝えたり、参考になりそうなサイト等もお伝えします!
これをすることで、自分が書いてほしいことが漏れにくくなり、相手にも伝わりやすくなります。

まとめ

ブログ記事の外注の仕方はいかがだったでしょうか。
外注の仕方に正解はありませんが、思っているほどハードルは高くないです。
今回の記事を参考にぜひ1度挑戦してみてください!




最新作!
EC輸入物販マニュアル

クラウドファンディングを活用したEC輸入物販のノウハウを溜め込んだE-BOOKを無料プレゼント中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です