ブログネタが切れる⁉記事が書けずにネタを探している人に伝えたいこと。

ブロガー
「ブログのネタが尽きてきて、何を書いていいか分からない……」

っていうことがよくあると思うんです。

僕も「ブログに書くネタはどうやって探していますか?」と質問されることがあります。

  • ブログを書き始めたばかりで何を書いていいか分からない初心者の方
  • ブログのネタがなくて記事を書けない方
を対象にブログに書くネタの探し方、記事が量産できる方法をこの記事で紹介したいと思います。

自分の経験や知識をネタにする

ブロガー
自分の経験や知識をネタにするって言っても、自分は普通に生活していて、特に人と変わった経験や知識なんてないよ

って言う方もいます。

でも、本当にそうですか?

そう思ったとしても自分の経験したことや知識等を自分に関することをひとまず書き出してみてください。

書き出す時点ではブログネタになるかどうかは考えず、とにかく書きだすのがポイントです!

紙に書き出すと分かるんですが、意外に書けそうなネタが転がっていませんか?

例えば、

  • 他の人が経験したことがない珍しい経験経験について
  • 実際に使っている物やサービスについて
  • 人生の成功談と失敗談
  • 自分の好きな趣味や詳しいこと
  • 人生で悩んだこと
  • 仕事のこと
  • 住んでいる地域について
等何かしら出てきたはず。

自分にしてみたら大したことない経験や知識が他の人にしてみたら新鮮なことはたくさんあるんです。
自分が住んでいる地域について当たり前のことでも詳しく書くだけで、「地域ブログ」として需要があったりするんですよ?

地域ブログとして浜松のことを書いているむらきちさんのブログとか有名です!

 

こんな風に「自分をコンテンツ化」するという意識を持つだけでも書くことは無限に出てきます。

ブログを始めたばかりでまだ何を書いて良いか分からない、書くことが決まっていないという方は

まず「自分をコンテンツ化」してテーマを絞らずに雑記ブログから始めて、書いて行く中でテーマを絞っていくのも1つの手だと思います!

他のブログを参考にする

書くテーマが決まっているけど、書くネタが思い浮かばないなら、そのテーマをGoogleなどで検索した際に上位表示されている他のブログ記事を参考にするのもおすすめです。
というのも上位表示されているブログやサイトはそれだけ質も内容も充実していることが多いので、自分が書いていない関連キーワードや書く内容を発見することができます。

書くテーマすら決まっていないのなら、有名なブロガーの記事を読みましょう!

有名ブロガーは多くの人に読まれるだけあって、ブログの構成やデザイン、言葉の使い方など参考になります。
そして、自分が気になるテーマの記事があったら、自分なりの視点で同じテーマについて書いてみるんです。
自分の言葉で自分なりの視点で同じテーマを書くことで、自分のオリジナルの記事を増やすことができます。
もちろん丸パクリのコピペはだめですよ!

関連キーワードを探そう

ブログネタがない時はそもそも関連キーワードが何かを分かっていない可能性もあります。
なので、自分のブログのテーマの関連キーワードを知るところから探すという方法もあります。
使うのは、関連キーワード取得ツール(仮名・β版)です!

無料で使えて、多くのブロガー・アフィリエイターが関連キーワードを調べる無料ツールとして紹介しています。

使い方も簡単で、検索キーワードに自分の気になるキーワードを入力して、取得開始を押すだけ!

 

こんな風に関連キーワードがズラーと表示されます!

ここに表示されるキーワードは実際にGoogleでユーザーが検索したキーワードなので、実際に検索されている需要のあるキーワードということになります。

表示されているキーワードをクリックすると、実際のGoogleの検索画面に飛びます!
表示された上位サイトがどんな感じかもすぐにチェックできるので、ライバルチェックもすぐにできて使い勝手が良いです。

ブログネタを探す王道と言えば、「Q&Aサイト」!

  • Yahoo知恵袋
  • 教えて!goo
  • OKwave
  • 発言小町
等のQ&Aサイトがありますよね?

Q&Aサイトでは、検索キーワードだけでは分からない、リアルな悩みが盛りだくさん。
自分のブログのテーマを検索すれば、その悩みと回答を知ることができます!
ユーザーの悩みを知ることで、ターゲットがどんなことに悩んでいるか、どんな答えを知りたいかが参考になります。
ただし、回答が必ずしも正しいとは限らないので、間違った答えを載せないように注意が必要です。

ネットだけではなく、本や雑誌からも情報を仕入れてみる

多くの人が何か調べる時はネットでまず検索すると思うんです。
ですが、あえて本や雑誌から仕入れるのもおすすめです。
というのも本や雑誌はネットよりも情報が洗練されているので自分で情報の裏付けを調べる確率がぐっと減ります。
また、ターゲットが明確になっているので、文章の中から読者が興味を持ちそうなネタを1冊から複数見つけることもできます。

もちろん、購入した本を読んで自分のフィルターを通して書評をすれば、書評としての記事増やすことも出来るので一石二鳥だったりするんで、普段ネットでしか情報を集めない方はぜひ本や雑誌を手にとってみてください。

人に会ったり、外に出かける

ネタがないなら自分で作り出すのも1つの手段です。
面白い人に会いに行ったり、ブログのネタになりそうなスポットに行ったりすることで書くことを増やすことは可能です。
人やスポットはそれこそいくらでもあるので、自分が行動さえすればネタはいくらでも見つかります!

SNSやTVの情報からネタを仕入れる

TVやSNSを使えば、最新のトレンドを仕入れることが可能です。
トレンドを仕入れればネタに困ることはなく、上手くバズらせれば、アクセスを一気に集めることが可能です。
ただし、トレンドは一時のブームが過ぎ去れば全くアクセスを集めないゴミ記事になる可能性もあり、トレンドばかり追い求めると疲弊してしまうので注意が必要です。
なるべく、自分のテーマにあったもので、何度も読まれるような記事にするのが重要です!

まとめ

  • 自分をコンテンツ化しよう
  • 他ブログを参考にしてみよう
  • 本や雑誌から情報を得よう
  • Q&Aサイトでユーザーの問題や悩みを探ろう
  • 人に会ったり、外に出かけよう
  • TVやSNSから最新トレンドを取り入れよう
ブログ記事のネタの探し方を紹介しました。
上記のことを実践すればまずネタに困ることは無くなります!
こうして書き出して見るとブログのネタはそこら中にあることに気づきましたよね?

ブログで稼ぎたい、ブログでPVを増やしたいと思っている方は、常に「これは記事になるのではないか」という意識を持って取り組んでみてくださいね!




最新作!
EC輸入物販マニュアル

クラウドファンディングを活用したEC輸入物販のノウハウを溜め込んだE-BOOKを無料プレゼント中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カワサキ

資金50万円からスタートして現在貿易商社、飲食店を運営中。得意なこと:Amazon輸入、クラファン、EC物販代行、マニュアル作成。最近の挑戦:ブログ記事、Youtube、アフィリエイト。 2019年8月から情報発信を本格始動。