魅力的なブログ記事のタイトルの付け方とは⁉クリックされやすい読まれるタイトルにするコツを紹介

読者の目に最初に止まるのがタイトルです。
ブログのタイトルはいわば「看板」です。

ブログの内容がいくら良くても、タイトルが駄目なら全てが台無しになる位タイトルの付け方はとても重要なんです。

なぜなら、そもそもタイトルが魅力的でなければ、読んでもらえないからです。

みなさんも何か記事を読む時にタイトルに惹かれて読みたいと思うはずです。

今回は、ブログ記事のタイトルの付け方について考えてみましょう!

ブログ記事のタイトルと内容は一致させよう

中華が食べたくて中華の看板を見てお店に入ったのに、入ったらフランス料理の店だったらすぐに出てしまいますよね?
同じように記事のタイトルは「看板」なので、中身が違うとすぐにページを閉じられてしまいます。
ページがすぐに閉じられることで、SEO的にも記事の評価が下がります。

だからこそ、絶対にタイトルと記事の内容は一致させましょう。

ブログ記事のタイトルに検索キーワードを入れる

タイトルには必ずSEOキーワード(検索にひっかかるキーワード)を入れるようにしましょう!
SEOキーワードを入れなければ、検索されることはありません。

例えば、この記事のように「ブログ記事 タイトル 付け方」について書いているのに、この3つのキーワードが全く入っていない関係のないタイトルを付けてしまうと検索されても表示されません。

また、キーワードは複数入れた方が上位表示になりやすくなります。
もちろん検索数が多い1つのキーワードで上位表示出来れば最高ですが、それはなかなか難しいので、複数キーワードで勝負するのがおすすめ。
複数キーワードであれば競合が減るので上位表示を取れやすくなります。
複数キーワードの調べ方はいくつかあって、無料で使えるものだったら、Ubersuggestがおすすめです。


キーワードを入れるだけで、検索ボリュームから複合キーワードまで調べることが出来ます。
会員登録をする必要もないので、一番手っ取り早く調べることが出来ます。

ブログ記事のタイトルの文字数は32字が理想?

ブログのタイトルは長くても32字にするのが理想と言われていますが、ぶっちゃけそれ以上でも大丈夫です。
なぜ32字かというと検索エンジンに表示されるのが、32字なので長いと途中で省略されてしまうからです。
なので、上手く32字以内で読者を惹き付ける魅力的なキーワードをいれることが出来れば、途中で省略されてしまっても問題ないです。
むしろ32字で作っている人と差別化出来る可能性もあります。

これは有名ブロガーでも話題になっていました!

ブログ記事のキーワードはなるべく早めに(左側)に入れた方が良いの?

検索エンジンのロボットが記事のタイトルの評価をするので、ロボットにキーワードが重要であることを認識させるために重要度が高いでキーワードはなるべく左側にするのがおすすめと言われていましたが、最近はそこまで重要視する必要はないという意見もあります。

確かに左側にキーワードが入っていなくとも上位表示出来ているタイトル等も目にします。
しかし、読者の立場からすると、左側に自分が探しているキーワードがあった方が反応しやすいのは確かですね⁉

また、読者の目線の動きや文字数の問題からもなるべく早めに入れた方が良いと考えています。

人の目は左から右に動く習性があります。
アルファベットのZの形に目線が動くのは有名ですよね?
コンビニの商品の配置等はこのZの法則を利用して置かれていると聞きます。
最近ではヤコブ・ニールセンという方がwebサイトの目線の動きを調べるアイトラッキング調査をしたことで、Fの形に目線が動くことも分かっています。

そのため、なるべく左側にキーワードを含めた方が読者は反応しやすく、クリックがされる可能性が高いと言えます。

表示される文字数からもキーワードを前半に入れないと途中で省略されてしまい読者が反応できない可能性があるので、左側にキーワードを置くことが重要です。

結果として、左側にキーワードを置くのはマストではないがベターという感じではあるので、引き続き左側にキーワードを置くようにしましょう!

読まれるブログ記事のタイトルになるような言葉を入れよう!

メリットを入れる

記事のタイトルは記事の「看板」なので、タイトルを見ただけでどんなことが書かれているか分かるのがベストです。
そして、読む価値があると思わせるためには、タイトルに読む「メリット」を入れた方が良いです。
タイトルを読んだ時に読者が読むメリットがあると思わせればこっちのものです。

具体的な数字

数字を入れることで、具体的になり説得力が増します。

例えば

「稼げる副業とは?」
「月5万円稼げる副業とは?」

数字を入れた方がより読んでみようかなと思いませんか?
数字をタイトルに上手く取り入れることで読者を惹き付けやすくなります。

希少性や限定性を入れる

特別、今だけ、期間限定、限定10名、限定品

希少性や限定性の言葉は人を惹き付けます。
あなたも「最後の1つ、今日限り、限定品」等の言葉を見聞きすると、欲しくないものでもちょっと気になってしまったことあると思います。
これをブログのタイトルにも応用して取り入れることで記事が読まれやすくなります。

権威や実績等を入れる

医者、弁護士、大学の教授、〇〇専門家、〇〇のプロ
副業で月100万、年収5000万円、年間売上1位

権威や実績があると信頼性が上がりますよね。
「こんなに実績がある人、専門家が言ってるなら間違いない情報だ」と思うものです。

記事のタイトルに権威や実績を入れることで、信頼度が上がり詠まれやすくなります。

絶対にやってはいけないブログ記事のタイトルの付け方

誇大タイトル

記事に対して、極端なタイトになっていると、記事を見た時に薄い内容に思われてしまいます。
また、記事と内容が違うだろと信用を失いかねません。
信用を失えば記事を読む人は少なくなり、結果として検索上位になることはありません。

不自然なタイトル

自然なタイトルはGoogleから評価されますが、不自然なタイトルは評価されません。
キーワードの羅列だけ、日本語がおかしいタイトルはやめましょう!

キーワード詰め込みすぎる

キーワードを詰め込みすぎるのはよくありません。
例えば、

【美味しいコーヒーの淹れ方】美味しいコーヒーは淹れ方が重要。美味しいコーヒーの淹れ方を伝授!これを読めばあなたも美味しいコーヒーの淹れ方をマスターできる。

と「美味しいコーヒーの淹れ方」を入れまくってみましたが、キーワードを詰め込みすぎることによってかえってGoogleからの評価が下がる可能性が高いです。

魅力的なブログ記事のタイトルを付ける実践編

実際に魅力的なタイトルを付ける方法を紹介します!

①複数キーワードを検索する

まずは記事にするキーワードを調べます!

1単語よりは複数のキーワードを入れたほうが良いので、キーワードプランナーUbersuggestで検索需要のある複数キーワードを簡単に調べることが出来ます。

②キーワードが決まったら、実際に検索をする

ターゲットにするキーワードを決めて、タイトルの大枠が決まったら、実際にキーワードを入力してみましょう!


上位に表示されているタイトルから自分のタイトルが被っていないか読者の検索意図を含んだタイトルになっているか確認をしましょう!
これをすることでより良いタイトルを付けることができます。

まとめ

ブログ記事のタイトルを決めることができない人はぜひ今回の記事を参考に取り組んでみてください。
タイトルの決め方次第で、記事が読まれるかどうかが変わるので、記事の内容と同じ位重要視してタイトル付けをしてくださいね!




最新作!
EC輸入物販マニュアル

クラウドファンディングを活用したEC輸入物販のノウハウを溜め込んだE-BOOKを無料プレゼント中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カワサキ

資金50万円からスタートして現在貿易商社、飲食店を運営中。得意なこと:Amazon輸入、クラファン、EC物販代行、マニュアル作成。最近の挑戦:ブログ記事、Youtube、アフィリエイト。 2019年8月から情報発信を本格始動。