海外のDVDやBlu-rayを輸入するときに気を付けるべきリージョンコードとは?

海外からDVD、Blu-rayを輸入しようかなと考えている方もいらっしゃると思います。
実はDVD、Blu-rayを輸入する際には気をつけるべき点があるので、この記事にまとめてみました。

海外からBlu-ray・DVDを輸入する時の注意点

リージョンコードの種類が超重要

リージョンコードとは、Blu-rayやDVDと再生機器のレコーダーにそれぞれ国ごとに振り分けられている番号で、再生できる地域が決まっています。
商品名が同じでも、リージョンコードが異なると再生出来なくなってしまうことから、全く別物の商品になってしまうので注意が必要です。

リージョンコードの種類

リージョンコードはDVD、Blu-rayで表記が変わります。
DVDは数字で、Blu-rayはアルファベット表記になっています。

ALL(0) どのリージョンでも利用可能で、実際には下記の1~8すべてが許可された設定を指す。リージョンを表す正規のロゴは「ALL」。「0」は便宜上一般的に呼ばれているもので、DVD規格上のコードではない。
1 バミューダ諸島、カナダ、アメリカ合衆国 およびその保護下にある地域
2 中東諸国、西ヨーロッパ、中央ヨーロッパ、エジプト、フランス保護領、グリーンランド、日本、レソト、南アフリカ および スワジランド
3 東南アジア、香港、マカオ、韓国 および 台湾
4 中央アメリカ、カリブ海諸国、メキシコ、オセアニア、南アメリカ
5 アフリカ、旧ソビエト連邦諸国、インド亜大陸、アフガニスタン、モンゴル、北朝鮮
6 中国本土
7 予備
8 航空機および旅客船などの国際領域での利用など

 

リージョンフリー どのリージョンでも利用可能
リージョンA アメリカ大陸、東南アジア、日本、大韓民国、台湾およびそれら海外領土
リージョンB ヨーロッパ、中近東、アフリカ、オセアニアおよびそれら海外領土
リージョンC 中央・南アジア、中国大陸、ロシア、モンゴル

DVDとBlu-rayで割り当てられているリージョンコードです。

日本に対応するリージョンコードをしっかり確認してから輸入するようにしましょう!
ただ、リージョンフリーというどこの地域でも再生できるタイプのものもあります。

輸入できるかリージョンコードの確認方法

リージョンコードを見分ける方法はいくつかありますが、これが1番正確なので紹介します。

自分が輸入する商品のアマゾンのページを開いてください。

商品の説明欄のここの部分に注目してみてください。


このようにリージョンコードがそれぞれ記載されているので、上記のリージョンコードの振り分け表を参考にどこの国で再生できるか確認してから輸入しましょう。
All RegionsやMulti-Formatと記載されているものもあります。
これは、世界共通の識別コードでどこの国でも再生ができます。

上記の方法を使えば、正確にリージョンコードを調べることができます。
表紙だけでも判断できるのですが、似ているパッケージもあるので、上記の方法で調べるのがおすすめです。

まとめ

海外からDVDやBlu-rayを仕入れる際に注意すべきリージョンコードについて紹介しました。
現在であればリージョンフリーのレコーダーやPS4を使えばリージョンコード関係なく再生することができますが、普通のレコーダーだと対応しているリージョンコードでなければ再生することが出来ない全く別の商品になってしまうので、輸入するときは注意してくださいね!




最新作!
EC輸入物販マニュアル

クラウドファンディングを活用したEC輸入物販のノウハウを溜め込んだE-BOOKを無料プレゼント中。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です